水着に使われている生地の種類と特徴

2020-01-06

水着に使われている生地の種類と特徴

 

海やプールなどの水辺で着る水着や、バレエや体操などに使われているレオタードなど

スポーツの際に着る衣装はどんな生地で出来ているのか

気になりませんか?

 

普通の布は強く引っ張ると伸びきってしまったり

破れてしまう性質もあります。

ですが、スポーツ用衣類は伸縮性があり、体にフィットして

動きも合わせてくれます。

 

水着や、レオタードなどに使われている

生地の種類の特徴をご覧ください(^▽^)

 

 

 

 

◎水着やレオタードに使う生地の条件とは

スポーツ用の衣類と言えば、

Tシャツ、ジャージをイメージしますよね。

たくさんの汗をかく場面で着用するので、速乾性があり耐久性に優れているものが

多いのも特徴です。

ですが、水着やレオタードなどに使われている生地は別物です。

まず、水着やレオタードに使うための生地の条件とはなんでしょう。

 

 

・速乾性があること

他のスポーツ衣類と同じように速乾性の高さが重要です。

レオタードやバレエや体操などで着用されますが、着用中に大量に汗をかきます。

 

また、水着は水中で使用するので汗はわかりにくいですが

ずっと濡れたままだと不快感がありますよね。

 

どちらの生地も、水分の吸収と水分の放出の両方がスムーズにできることが大切です

 

 

・耐久性が高いこと

プールに遊びに行ったり、趣味などでスポーツをやっていても

水着やレオタードがスポーツ用の衣類であることに変わりはありません。

 

スポーツ用衣類は、通常の衣類とは異なり

耐久性は切っても切り離せない関係です。

 

激しい動きや、体を縮めたり伸ばしたり

地面などに擦れるなど、長く使い続けるには

高い耐久が求められます。

 

その為、使われる素材は丈夫で管理しやすい合成繊維が好まれます。

 

 

 

・伸縮性が優れていること

何よりも需要なのは、伸縮性に優れていることです!

 

水中で水の抵抗を少なくスムーズに泳ぐには、体にフィットした水着が必要です。

 

バレエや体操で動きを美しく見せるためにも、

体にフィットしたレオタードが必要です。

 

伸縮性があることで、少し小さめに見えても実際に着用してみると

体にフィットした衣類が出来上がります。

 

水着の場合はUVカットや塩素に強いかどうかも

事前にチェックしたいポイントですね。

 

 

 

◎覚えておきたい1WAYと2WAY


 水着やレオタードに重要なのは伸縮性です。

 

そこで用語として覚えておきたいのが

1WAYと2WAYという言葉です。

それぞれの意味は

 

 

1WAY(ワンウェイ)・横方向にのみ伸びるニット

2WAY(ツーウェイ)・縦横の両方向に伸びるニット

 

 

1WAYはTシャツやカットソーなどをイメージしてみてください

引っ張ると、縦方向にはほとんど伸びませんが

横方向には伸びやすいので、その人の体型に合わせて伸縮できます。

 

2WAYは、縦横の両方向に伸びるニットのことです。

これが、水着やレオタードなどに使われている素材なのです。

 

生地選びの際には、1WAYと2WAYの違いも意識してみてください(^▽^)/

 

 

 

 

◎水着やレオタードに使用される生地

水着やレオタードに使われる生地の種類について

2WAYの生地が使われているとはいっても

2WAYにはいくつか種類があります。

種類が多くて迷ったら、「ストレッチ」と「ハイテンション」などの

名前がついているものがいいです。

 

 

ハイテンションニットとは



 

ハイテンション生地とは、2種類以上の糸を組み合わせて

ループを縦方向にして連続で編み上げた生地のことです。

 

素材もゴムのようなポリウレタン繊維やナイロンを使っており

縦横はもちろん、斜めにもよく伸び

ストレッチ性に優れています。

 

ただし、よく伸びることで心配されるのが耐久性です。

 

ストッキングのように伝線してしまうのでは?という方もいると思いますが

ストッキングほど薄くなく

耐久性も高いので、伝線や糸抜けなどの心配する必要はありません。

 

また、ハイテンションニットは薄くて涼しいイメージがありますが

特殊加工によって、季節に合わせたアイテムを作ることができます。

 

例えば、暖かいレオタードを作りたいというときは

使う糸の素材を暖かいものに変えて

肌に当たる裏面にだけ起毛加工をされているものを選ぶと

 

夏は涼しく冬は暖かく快適なハイテンションニットが作れるのです。

 

 

 

スパンデックスとは

スパンデックスも同じく縦横方向に伸びる2WAY生地です。

 

最大の特徴は、塩素に強く耐久性に優れてため

水着や水泳帽子などのウエアに適しています。

 

他にも、耐熱性があるので

真夏の日差しに強かったり、耐光性があり色の変色がなかったり

あらゆる面で強い生地です。

 

パンデックスは、スイムウエアのための生地だといえますね!

 

素材は、主にナイロンやポリエステルなどの合成繊維を使用しており

ポリウレタンを少しの割合で混ぜています。

耐久性が弱くなってしまうため、ウールやコットンなどの

天然繊維はほとんど使われていません。

 

 

 

ライクファブリック

パンデックスとは1959年にデュポン社が開発したポリウレタン弾性繊維の一般名称です。

「ライラク」という商標名で発売されたため

両方の名前を覚えておくといいでしょう!

 

ライラクに使われる糸は

クモの糸のように細く、生地はゴムのように薄いのが特徴です。

生地は平置きしたときよりも1.5倍も伸び

動きの邪魔にならないので動きやすいです。

 

また、保温性が高くサラッとした肌触りもポイントです。

そのため、レオタードや舞台衣装だけではなく

美脚ストレッチパンツなどにも使われているのです。

シワになりにくいので、様々なアイテムに幅広く活用されています。

 

 

 

 

◎伸縮性や機能性に注目

普段の洋服や、お出かけ着は生地の質感やデザインなどを注目しがちですが

スポーツ用は違います。

 

水着やレオタードなど、体にフィットするアイテムの場合は

伸縮性や耐久性、UVカット機能などの機能性にも注目してみてはいかがでしょうか。

 

シンプルなアイテムだからこそ

合う生地を選びたいですよね!