水着の正しい洗い方!上手なお手入れでお気に入り水着を長く使おう

2019-12-30

水着の正しい洗い方!

上手なお手入れでお気に入り水着を長く使おう


プールや海水浴などで水着を使用する機会が増える夏

水着を使ったあとはどんな洗い方でお手入れしていますか?

特殊な素材で作られた水着は、洋服と同じように洗濯するのはNGです×

正しいお手入れをしないと、水着は傷んでしまいます。

そこで、お気に入りの水着を出来るだけ長く使うための

洗い方のコツをご紹介します(^▽^)/

 

 

 

水着は脱いだ直後と自宅でそれぞれ洗うことがポイント!

水着のお手入れは、実は脱いだ直後から始まるのです。

水着を脱いだ直後の洗い方、その後帰宅してからの洗い方についてです。

 

 

◎水着を脱いだ直後の洗い方

1. 脱いだ直後にできるだけ早く水で洗う

特にプールの水には雑菌の繁殖を防ぐために、塩素が入っています。

塩素は水着の色落ちや変色の原因にもなるので

水着を脱いだあとはできるだけすぐに水で洗いましょう。

 

 

2. タオルに挟んで水分を取る

洗った水着は水がしたたるので絞りたくなると思いますが

水着を絞ってしまうと、型崩れの原因になります。

濡れた水着は、タオルに挟んで丁寧に水気をとりましょう。

 

3. 乾いたタオルに挟んで持ち帰る

水気を取った水着は、乾いたタオルに挟みましょう!

タオルに挟んだまま、メッシュ素材などの通気性のある袋に入れるのがおすすめです。

できるだけ涼しいところに置いて帰りましょう。

 

 

 

 

◎自宅での洗い方

1. 水で押し洗いする

水、もしくはぬるま湯で丁寧に押し洗いをします。

 

水着の素材には、ポリウレタンが使用されていることが多いので

一度型崩れをするとなかなか元に戻りません。

洗濯機を使用すると、型崩れの原因になるので

できるだけ手洗いをしましょう。

 

 

2. 汚れが落ちない場合はは中性洗剤で落とす

ぬるま湯で洗っても汚れが落ちないときは

色あせや生地の劣化を防ぐため、中性洗剤を使用しましょう。

中性洗剤をぬるま湯に混ぜ、丁寧に押し洗いをします。

 

汚れを落とすために、漂白剤を使うと

色落ちや生地の劣化につながります。絶対に使用しないようにしましょう。

 

 

3. タオルで脱水する

乾いたタオルに洗った水着を挟み、丁寧に水分をとります。

早く乾かしたい場合は、水着をバスタオルに包み

洗濯ネットに入れて、洗濯機の弱脱水設定で30秒程度を限度に脱水をしましょう。

 

水着は熱に弱いので、ドライヤーやアイロンを使って乾燥すると

変形や劣化につながります。

熱による乾燥は絶対に避けましょう。

また、回転式のタンブラー乾燥機は型崩れの原因になるので

使用を避けて、浴室乾燥などを使用しましょう。

 

 

4. 形を整えてから陰干しする

水着は伸縮性があり型崩れをしやすいため

ハンガーなどを使って形を整えてから、陰干しで乾かしましょう。

 

直射日光だと変色する可能性もありますので、必ず陰干しをしてください。

陰干しが出来ない場合は、室内で扇風機をあてて乾かしましょう。

 

 

 

 

いかがでしたか?

水着の弱点はポリウレタンやナイロンやポリエステルでできているので

熱・薬品・強い力です。

水着を脱いだ後のお手入れも、自宅で洗濯するも

この4つに注意することが大切です!

また、濡れた水着を長時間放置すると変色や、カビが発生する原因になるので要注意です。

お気に入りの水着や、お子さんのスクール水着などを出来るだけ長く使えるよう

洗ってくださいね(^▽^)/